有料老人ホーム紹介のケアレジ alt 知る alt 中心静脈栄養(IVH)

介護施設・高齢者住宅
選び
介護施設・高齢者住宅の基礎知識 有料老人ホームの情報収集と評価 見学・体験入居 契約・入居 介護保険制度の
基礎知識
~有料老人ホームにおける医療処置~

中心静脈栄養(IVH)

中心静脈栄養(IVH)のケアが必要な方の受入割合は10%

有料老人ホームによって、医療処置が必要な入居者を受入可能かどうかは変わってきます。介護付有料老人ホームにおける中心静脈栄養(IVH)の受入割合は、10%(下のグラフ参照)と、極めて限定されます。

医療処置が必要な入居者の受入割合
有料老人ホームの相談

メールメールでのご相談はコチラ

中心静脈栄養(IVH)と有料老人ホーム

長期にわたって、口からの栄養摂取ができないだけでなく、消化管が機能していないために胃ろうによる栄養摂取も難しいという場合、中心静脈栄養()という方法がとられることがあります。

中心静脈栄養(IVH)

中心静脈に、中心静脈カテーテルを挿入して留置し、そこから高カロリー輸液を投与することで栄養を補給します。

中心静脈栄養をおこなっている場合、合併症や感染症に注意する等厳密な医療管理が必要です。

これらは介護職員だけで対応することは不可能です。

そのため、中心静脈栄養をおこなっている方が入居できる施設はかなり限られます。

看護師が24時間常駐している、医療機関との連携が密にとれている等の条件を満たし、中心静脈栄養の方でも入居ができるという施設はあります。

但し、施設ごとに、個別に問い合わせる必要があります。

※IVH・TPN・HPN・PPN・CVC

  • 中心静脈栄養法は、IVH(Intravenous Hyperalimentationの略)や、TPN (Total Parenteral Nutritionの略)等といわれることがあります。
  • 中心静脈栄養法と似ているものに、末梢静脈栄養法(PPN:peripheral parenteral nutritionの略)がありますが、PPNは短期間(10~14日程度)しかおこなうことができないため、施設入居を検討する場合、問題になることはあまりありません。
  • 特に、在宅で中心静脈栄養をおこなっている場合は、HPN(Home Parenteral Nutritionの略)といわれることがあります。
  • また、中心静脈カテーテルのことを、CVC(central venous catheterの略)ということがあります。

ケアレジ相談センターのご案内

ケアレジ相談センターでは、専門の相談員がIVHの方の有料老人ホームや高齢者住宅探しのお手伝いをさせて頂いております。IVHの方に対しては、専門的な処置が必要になるため、受入ができる有料老人ホーム・高齢者住宅は全国的にかなり限られているのが実態です。当センターでは、独自のネットワークから情報収集や交渉を行い、IVHの方でも入居できる信頼あるホームとの関係を強化してまいりました。

当センターは、有料老人ホーム等からの紹介手数料で運営しているため、入居希望者様のご相談やご紹介は一切無料です。

特定の有料老人ホームに属さない中立的な立場で、公平な情報をご提供いたします。IVHの方は是非、お気軽にご連絡ください。

ケアレジ相談センターの仕組み
有料老人ホームの相談

メールメールでのご相談はコチラ

関連ページ
初めての方へ
評価レポート
スタッフブログ
ケアレジ会員サービス
評価のポイント
有料老人ホーム探し
ケアレジ相談センター
を活用するメリットは?
ご要望ポイントを明確にします
老人ホームの第三者的な評価をお伝えします
複数施設を比較していただけます
複数施設の見学予約ができます
入居後のご相談も承ります
電話での無料カウンセリング
運営法人様募集中
特色ある施設の紹介

最近は、入居一時金がかからず月単位で契約できる施設も増えてきました。入居金0円有料老人ホームの紹介です。

食事は最大の楽しみ。
食事イベントやソフト食等、食にこだわった施設の紹介。

理学療法士などの専門スタッフによるリハビリを受けながら生活できる施設の紹介。